-防災用テントの組み立て方-

テント

【防災用テント・ボートの特長】

1.洪水時の救出手段

台風や集中豪雨により河川の氾濫が発生した場合、救助が必要なケースも出てきます。防災テント・ボートを救命ボートに繋げて、多くの人を救助できます。

2. プライバシーの確保

プライベート空間が作れ、個人や家族が落ち着いて生活が出来ます。更衣室や搾乳室の代わりにもなりプライバシーが守られます。

3. 災害関連疾患の予防

災害関連死や災害関連疾患の原因の1つにストレスが関係しています。防災テント・ボートをご利用頂けますと、避難所生活時のストレスを軽減でき、災害関連疾患の予防に繋がります。

4. 給水の負担軽減

給水ホースを繋げる事により、いつでも自由な給水が出来ます。給水時の行列を回避し、雨天などの天候に左右されません。

5. 防犯対策

内鍵を設置する事ができ、泥棒や性被害、覗き対策が出来ます。

6. 保管場所を選ばない

保管時は袋に入れればコンパクトになります。体育館、消防署、市民センター、公民館など保管していれば、災害時にすぐ使用できます。

-お問い合わせ-

ソリューション北九州

(株式会社ソリューション北九州)

コメント

タイトルとURLをコピーしました